作品概要

復活の朝》は、画家のエドワード・バーン=ジョーンズによって制作された作品。制作年は1882年から1886年で、テート・ブリテンに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《復活の朝》は、ラファエル前派の画家エドワード・バーン=ジョーンズにより、1882年から1886年の間に制作された油彩画である。テート・ブリテンに所蔵されている。

主題

この作品は、ヨハネによる福音書第20章14節の以下の言葉を引用しつつ、ロンドンのグロスヴナー・ギャラリーに展示された。

「(マグダラのマリアが)そう言って後ろを振り向くと、そこにイエスが立っておられるのを見た。しかし、それがイエスであることに気がつかなかった」

描かれているのは、イエスの墓(すでに空である)の前にいるマグダラのマリアである。両端には二人の天使がいる。天使は彼女に「なぜ泣くのか」と問う。マグダラのマリアは、「誰かがわたしの主を取り去りました。どこに置いたのかわからないのです」と言う。上記に引用したのはこの直後の出来事である。

この作品は、ある出来事とその影響の間の空白の瞬間――ここではマグダラのマリアの視線とキリストへの気づき――を描いている。

モデルについて

マグダラのマリアのモデルとなったローラ・リトルトンは、1886年のイースターに亡くなっている。画家の妻ジョージアナ・バーン=ジョーンズによると、彼女の夫はその悲しみを表すため、左隅に「Memoriam LL Easter 1886」と記した。

描写、関連作品など

絵画は、バーン=ジョーンズがアンドレア・マンテーニャの影響を受けていた時期の終わりに描かれた。色調が悲しい雰囲気を強めている。天使たちが口に手を当てているのは、古代の崇拝のサインである。

バーン=ジョーンズはこの作品を描くまでに、同主題の作品を少なくとも二つ制作している。

基本情報・編集情報

  • 画家エドワード・バーン=ジョーンズ
  • 作品名復活の朝
  • 制作年1882年-1886年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ブリテン (イギリス)
  • 種類油彩画
  • 高さ84.5cm
  • 横幅151.1cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 復活の朝の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。