作品概要

会議室(連作「いばら姫」より)》は、画家のエドワード・バーン=ジョーンズによって制作された作品。制作年は1885年から1890年で、バスコット・パークに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《眠り姫》は、ラファエル前派の画家、エドワード・バーン=ジョーンズにより1885年から1890年の間に制作された一連の絵画、「いばら姫」を構成する一枚である。《いばらの森》、《会議室》、《王宮の中庭》、《眠り姫》の4つのメインパネルと隣接する10のパネルは、イギリスのオックスフォードシャーにあるバスコット・パーク内のサロンに飾られている。

図像解説

一連の絵画は、1812年にグリム兄弟によって出版された「眠れる森の美女」の物語の場面を描いている。《会議室》では、その名の通り会議室の場面が描かれている。大臣たちは、王座で眠り込んでいる王と同じく眠っている。カーテンの下の窓からは、眠っている兵士たちが見える。

制作の背景

4つのメインパネルは、1890年にロンドンのボンド・ストリートにあるアグニューズ・ギャラリーで初めて展示された。それらは後にファリンドン卿となったアレクサンダー・ヘンダーソンによって購入され、彼の邸宅であるバスコット・パークに飾られた。バーン=ジョーンズが邸宅を訪れて飾られた絵を見たとき、彼は4つの絵画の枠を伸ばして、バラのモチーフを描いた接合パネルで間を埋めることにした。

各メインパネルは高さ約125センチ、幅は最大250センチだが、10枚の接合パネルの幅は異なる。絵は連続した物語を語るのではなく、それぞれの場所に同じ瞬間を記録している。

モリスによる詩

メインパネルの下には、ウィリアム・モリスによる詩が刻まれている。

「戦争の脅威、平和の希望、王国の危険、増進も眠り続ける。運命がその鎖を解く日まで」

基本情報・編集情報

  • 画家エドワード・バーン=ジョーンズ
  • 作品名会議室(連作「いばら姫」より)
  • 制作年1885年-1890年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵バスコット・パーク (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ124.5cm
  • 横幅249.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 会議室(連作「いばら姫」より)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。