作品概要

聖セシリア》は、画家のジョン・ウィリアム・ウォーターハウスによって制作された作品。制作年は1895年から1895年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

音楽家の守護聖人

音楽家の守護聖人である聖セシリアを描いた作品で、テニスンの詩「芸術の宮殿」に着想を得ている。1895年のロイヤル・アカデミーの展覧会で展示された。

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスは19世紀後半から20世紀初頭にかけて活動した画家。神話や伝説、歴史などを題材とした作品が多い。この《聖セシリア》を描いた同年の1895年、ロイヤル・アカデミーの最高芸術院会員に選出されている。

セシリアはヴィオラ、オルガンなどの楽器を演奏している姿で描かれることが多いが、ここでは椅子に腰かけて眠っている。膝の上には彩色された歌の写本らしきものが開かれている。セシリアの目の前では、彼女が弾いていたであろうオルガンの両側に2人の天使がひざまずいて、彼女に向かって楽器を演奏している。背景には海が描かれている。

殉教者

聖セシリアは2世紀に実在した人物で、キリスト教の殉教者である。伝承によると、ローマの裕福な家庭に生まれたセシリアは、キリスト教信者となって純潔の誓いを立てたが、両親により異教徒の男性と結婚させられてしまう。結婚式が執り行われる間、彼女は心の中で神に歌を捧げていたという。このことから、彼女は死後、音楽家の守護聖人となった。

セシリアは、キリスト教に改宗した夫たちとともに処刑され、殉教した。その際、セシリアは首に剣を3回切りつけられても息絶えず、3日間生き延びたという。ローマで彼女が住んでいたと言われる場所には、彼女を称えサンタ・チェチーリア教会が建立された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス
  • 作品名聖セシリア
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1895年 - 1895年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵個人 (イギリス)
  • 種類油彩
  • 高さ116.8cm
  • 横幅195.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖セシリアの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。