作品概要

オフィーリア(1889年)》は、画家のジョン・ウィリアム・ウォーターハウスによって制作された作品。制作年は1889年から1889年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

画家が好んだ題材

この絵はロイヤル・アカデミーの美術学校を卒業する際に製作された。現在は作曲家のアンドルー・ロイド・ウェバーが所有している。ウォーターハウスは1894年、1910年にも、それぞれ別の場面のオフィーリアを描いている。

ウォーターハウスは神話や伝説に登場する女性の姿を描いた作品が多く、最も有名なものはアーサー王伝説を基にした《シャロットの女》のシリーズである。だが、その次にウォーターハウスが好んで描いたのはこのオフィーリアであろう。

悲劇のヒロイン

オフィーリアは、シェイクスピアの戯曲「ハムレット」に登場する悲劇のヒロイン。デンマークの若い貴婦人で、王子ハムレットの妃候補とされていた。ハムレットに父ポローニアスを殺され、さらにハムレットの愛を得られないことを知って狂気に陥る。最終的には、登った柳の木の枝が折れて小川に落ちて溺死してしまう。

この絵の中のオフィーリアは、草むらに錯乱した様子で横たわっている。奥には、彼女が命を落とすことになる柳の木々と、小川が見える。オフィーリアは左手でデイジーがからまった乱れた髪をつかみ、右手にはキンポウゲの花の束が握られている。それまで集めていたであろう花が、膝の上に残っている。また、木々の間から彼女に向かってツバメが低く飛んでくるのが見える。

死の間際のオフィーリアの錯乱した様子が伝わってくる作品である。《シャロットの女》もそうだが、ウォーターハウスの作品には、水の近くで死んでいく女性を描いたものが多い。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス
  • 作品名オフィーリア(1889年)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1889年 - 1889年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵個人 (イギリス)
  • 種類油彩
  • 高さ97.79cm
  • 横幅158.12cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • オフィーリア(1889年)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。