作品概要

エッチング・アマチュア》は、画家のオノレ・ドーミエによって制作された作品。制作年は1860年から1860年で、プティ・パレ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《エッチング・アマチュア》は、諷刺版画家であり油彩画家でもあるオノレ・ドーミエ(1808-1879)によって制作された油彩画である。

版画の愛好家

諷刺版画家として世に知られていたドーミエは、油彩では諷刺に限らず、テーマを自由に筆を走らせた。同じテーマを題材に、何度も描いている。版画に夢中で見入っている男の姿は、ブルジョワジーのなかでもドーミエと親しかったパリジャンの人物をモデルとしている。雑然と作品が置かれている暗がりのなかで、物静かで真面目な男が作品を凝視している。室内は、フランスの静物画・風俗画家のシャルダンのタッチを反映している。

ドーミエは従来、政治や社会を激しく批判してリトグラフのなかで諷刺していたが、次第に普遍的な表現に移行していった。油彩画の製作に精力的に取り組みはじめたのは、それまで諷刺画を発表していた新聞『シャリヴァリ』が1860年に廃刊になってからのことだった、以降、イーゼルの前に立って筆を振るいつづけた。

ドーミエの才能を認めた者たち

19世紀ロマン主義を代表する画家であるウジェーヌ・ドラクロワ(1798-1863)と詩人のシャルル・ボードレール(1821-1867)によって才能が認めらた。友であり良きライバルでもあったジャン=バティスト・カミーユ・コロー(1796-1875)もドーミエの作品を購入して、生涯手元に置いていたと伝えられている。

同様のタイトルの作品がアメリカのシカゴ美術館に所蔵されている。こちらもひとりの愛好家がアトリエにある作品を眺めている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オノレ・ドーミエ
  • 作品名エッチング・アマチュア
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1860年 - 1860年
  • 製作国フランス
  • 所蔵プティ・パレ美術館 (フランス)
  • 種類油彩
  • 高さ41cm
  • 横幅33.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • エッチング・アマチュアの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。