作品概要

眠り》は、画家のギュスターヴ・クールベによって制作された作品。制作年は1866?年から1866年で、パリ市立プティ・パレ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

賛否両論の官能的なヌード

この作品は、彼の後の作品において広く知れ渡ることとなった、ギュスターヴ・クールベの官能的な写実主義に対する関心を表現している。

「眠り」においては、生々しいエロティシズムが、キューピッドの助けもなければ、あらゆる種類の神話的な正当化もない状況下でもたらされている。このことが「眠り」を、当時の一般的な趣向を持つ人たちにとって低俗なものとならしめた。

このような、神聖化されることなくもたらされたヌードは、クールベの人となり及び芸術性における欠点に関する多くの議論を引き起こすこととなったが、クールベ本人は、挑戦的な芸術家としてさらなる注目を集め、彼の知名度を上げることになったことを大いに喜んだのであった。

レズビアニズム

1860 年代にクールベは官能的なヌードを描き始めた。その中には女性の生殖器の描写や全裸の女性による官能的なポージングの描写が含まれており、そしてこの作品においてはレズビアニズム(女性の同性愛)が描かれた。クールベは、売り上げと評判を確保するために官能的なヌードを狩猟の絵の隣に飾ったが、その結果彼は多くの悪評を得ることとなった。

「眠り」はトルコ(当時はオスマン帝国)の外交官であったハリル・ベイによって注文された。ハリルは同じくクールベの作品である「世界の起源」も依頼しており、彼の個人的な官能的絵画のコレクションに加えられた。

また、「眠り」は1872年にある画商が展覧会で持っていた際に警察の通報を受けることとなった。1988年になるまで、この絵画が公に展示されることは許されなかったのだ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・クールベ
  • 作品名眠り
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1866?年 - 1866年
  • 製作国フランス
  • 所蔵パリ市立プティ・パレ美術館 (フランス)
  • 種類油絵
  • 高さ135cm
  • 横幅200cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 眠りの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。