作品概要

図々しい隣人の寓話》は、画家のウィリアム・ホルマン・ハントによって制作された作品。制作年は1895年から1895年で、ビクトリア国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《図々しい隣人の寓話》は、イギリス人の画家であり、ラファエル前派を1848年に創始した美術家の一人である、ウィリアム・ホルマン・ハントによる絵画である。

作品のテーマ

本作のテーマは、ルカによる福音書11章5-8節に記されている、「図々しい隣人の寓話」に基づいている。

本作の右側には、隣人が夜中に図々しい願いをするために、しつこく友人の戸をたたいている様子が描かれている。

聖書の中の「図々しい隣人の寓話」とは

寓話には、遠方から旅をしてきた客人をもてなすための食料が足りず、友人からパンを借りようとしている人物が描かれている。これは古代地中海の世界では必須であった、歓待の習慣を表している。

福音書の中ではこれに続き、「求めよ。そうすれば与えられる」と説かれている。

寓話の節からは、扉をたたかれた友人の家は一部屋の民家であり、家族全員が床のマットの上で寝るという、貧しい生活を強いられていることが窺える。また、隣人が夜中に訪ねてきたのは、日中の暑さに耐えかねてのことである。

作品の来歴

本作はメルボルン・オーストラリアのビクトリア国立美術館が1905年にハントから購入し、現在もその所蔵となっている。

ハントの画法の特徴

ハントの絵画は細部まで注意が行き届いており、鮮やかな色使いと複雑に組み込まれた象徴的要素が特徴的である。

ハントは自らの画法を形成するにあたって、美術評論家のジョン・ラスキンと、歴史家・評論家のトーマス・カーライルの著作に大きな影響を受けていた。ラスキンとカーライルは、世界が視覚的な記号により成り立っていると主張し、ラファエル前派の思想的背景にも大きな影響を与えた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・ホルマン・ハント
  • 作品名図々しい隣人の寓話
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1895年 - 1895年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵ビクトリア国立美術館 (オーストラリア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ36.4cm
  • 横幅51.7cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 図々しい隣人の寓話の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。