作品概要

マルレイ港の洪水》は、画家のアルフレッド・シスレーによって制作された作品。制作年は1876年から1876年で、ティッセン=ボルネミッサ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1874年から1877年までフランスのマルリー=ル=ロワに拠点を置いていたシスレーは、1876年3月に起こったセーヌ川の洪水の絵画を7点描いている。《マルレイ港の洪水》はそのうちの1作品である。セーヌ川の激しい水よりも静かなラグーンの特徴である平静と調和で表現されているが、作品シリーズは洪水の最高潮の高さを描いているのが有名である。

カルメン・ティッセン・ボルネミッサ・コレクションからの本作品は、太陽が再び現れ、水位は下がってきている。シスレーは、低い水平線を用いることで際立った力強さを雲の動きに与えている。

2度の洪水

本作品はパリ市街のマルレイ港が舞台である。右側には木々の列の後ろにセーヌ川が見られる。上昇した水が道路を水浸しにしている。

1872年12月に、シスレーはマルレイ港での洪水を描いた作品を4点製作している。1876年にも洪水があり、シスレーは異なる水位の証拠となる作品合計7点を描いている。作品は最初に水位が上昇したところから、川が通常の流れに戻るところまでが描かれている。

1872年および1876年の作品の内のいくつかは、全体像を避けて正面からの景色を選んで描いているが、それと同時に厳密な幾何学に従って構成を編成している。しかし、本作品は安定感の印象よりも、どういうわけか消失店が渦巻きシーン全体がぐるぐる回る不安定な印象を与えている。

本作品シリーズに対する評価

1876年9月にシスレーが洪水のシリーズを描き終えてすぐ、詩人のステファヌ・マラルメがロンドンの雑誌『アート・マンスリー・レビュー』に印象はの芸術家について記事を公表している。シスレーに関して、マラルメは次のように書いている:

「彼は光のはかない効果を捉えている。彼は流れゆく雲を観察し、まるで本当に飛んでいるかのように描写している。すがすがしい空気がキャンバスを通り、枝葉がわずかに揺れている。」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルフレッド・シスレー
  • 作品名マルレイ港の洪水
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1876年 - 1876年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ティッセン=ボルネミッサ美術館 (スペイン)
  • 種類油絵
  • 高さ50cm
  • 横幅61cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • マルレイ港の洪水の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。