作品概要

フォンテーヌブローの森、バブレオはずれのクレア・ボワ平原を見下ろす木々》は、画家のテオドール・ルソーによって制作された作品。制作年は1849?年から1855?年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《フォンテーヌブローの森、バブレオはずれのクレア・ボワ平原を見下ろす木々》は、フランスの画家テオドール・ルソーによって1849年頃から1855年頃にかけて制作された油彩画である。アメリカのJ・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

図像解説

樫の木が、静かな午後の風景にそびえ立っている。 曇った空から広がる光は、池で反射し、枝の中を照らしている。池では数頭の牛が水を飲んでいるのがぼんやりと見える。前景の岩、草、折れた枝がはっきりと描かれる一方で、池の周りを歩いている一人の人物は、牛の群れに続いて薄く描かれている。他の多くのルソー作品と同様、自然の中に描かれる人間の姿は非常に小さく、曖昧である。

自然保護

風景画家のテオドール・ルソーは描かれた風景近くのバルビゾン村に住んでおり、フォンテーヌブローの森を頻繁に描いた。木材などの商業利用が森林を脅かすと、ルソーはナポレオン3世に近い影響力のある政治家モルニー公爵に、森林の保護を促すよう手紙を書いた。ルソーは偉大な風景画家であると同時に、自然保護活動の先駆者でもあった。

制作方法

夏の間、ルソーは屋外での制作を容易にするため、特別なイーゼルと小屋を使用した。この絵画は、デッサン・パンチュール(dessin-peinture)と呼ばれる種類に属している。画家はチョークや薄い絵の具を使って現場で構図をスケッチし、次にアトリエに戻ってから特定の要素を強化し、作品を完成させた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家テオドール・ルソー
  • 作品名フォンテーヌブローの森、バブレオはずれのクレア・ボワ平原を見下ろす木々
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1849?年 - 1855?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ90.8cm
  • 横幅116.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • フォンテーヌブローの森、バブレオはずれのクレア・ボワ平原を見下ろす木々の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。