作品概要

アプルモンの樫、フォンテーヌブローの森》は、画家のテオドール・ルソーによって制作された作品。制作年は1850年から1852年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

バルビゾン派の風景画家

テオドール・ルソーは、19世紀半ばのフランスにおいて、パリ近郊のフォンテーヌブローの森にあるバルビゾン村で結成された画家グループ、バルビゾン派の中心的人物であった。バルビゾン派に参加していた画家たちは、自然を愛し、自然を直接描く姿勢を共有した。風景画に対する彼らの関心は、フランス美術における比較的新しい展開であった。そこには、ジョン・コンスタブルおよび他のイギリスの風景画家の影響が、少なからず存在した。

木が主役の作品

木は、ルソー作品の中でも特に中心的な位置を占めている。1852年のサロンに出展されたこの《アプルモンの樫、フォンテーヌブローの森》も、木が主役の作品となっている。

澄み切った空の下で、雄大な木々のシルエットが夏の暑さの中、動物の群れに影を落としている。人物は、ルソーのすべての作品のようにとても小さく描かれている。正午の太陽の、垂直に降り注ぐ圧倒的な光が印象的である。

1855年にパリ万国博覧会には、ルソーの絵画12点が展示された。この作品は、1865年に販売されたモルニー公爵のコレクションの一部である。

自然保護活動の先駆者

ルソーは、フォンテーヌブローの森の商業利用に対し断固抗議していた。当時の皇帝ナポレオン3世に対して、フォンテーヌブローの森を自然保護区とするよう嘆願書を提出している。ルソーは偉大な風景画家であると同時に、自然保護活動の先駆者でもあった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家テオドール・ルソー
  • 作品名アプルモンの樫、フォンテーヌブローの森
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1850年 - 1852年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ64cm
  • 横幅100cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アプルモンの樫、フォンテーヌブローの森の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。