作品概要

世の光》は、画家のウィリアム・ホルマン・ハントによって制作された作品。制作年は1851年から1853年で、マンチェスター市立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《世の光》は、イギリス人の画家であり、ラファエル前派を1848年に創始した美術家の一人である、ウィリアム・ホルマン・ハントによる絵画である。

作品のテーマ

本作は寓話的な作品であり、長いこと開かれることなく、つたの絡まった扉を叩こうとしている、イエス・キリストの姿が描かれている。作品中の扉には取っ手がなく、中からしか開けられない構造であることが窺える。これは「頑固に閉じた心」を象徴していると言える。

この場面はヨハネの黙示録3:20から引用されている。ハントは後に本作について、「私はこの絵画を神命により制作したものだと思っている」とコメントしている。

ハントは本作を制作してから50年後、自ら作品の象徴的要素について説明している。

発表当時の作品の評価

この絵画は、ヴィクトリア朝後期(19世紀後半)のイギリス社会に大きな反響を与えた。本作に影響を受けた音楽作品には、アーサー・サリヴァンによって1873年に作曲されたオラトリオの、「世の光」などが含まれる。

本作の複製品は、子供部屋、学校、教会の壁などに広く飾られた。

ハントの画法の特徴

ハントの絵画は細部まで注意が行き届いており、鮮やかな色使いと複雑に組み込まれた象徴的要素が特徴的である。

ハントは自らの画法を形成するにあたって、美術評論家のジョン・ラスキンと、歴史家・評論家のトーマス・カーライルの著作に大きな影響を受けていた。ラスキンとカーライルは、世界が視覚的な記号により成り立っていると主張し、ラファエル前派の思想的背景にも大きな影響を与えた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィリアム・ホルマン・ハント
  • 作品名世の光
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1851年 - 1853年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵マンチェスター市立美術館 (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ125.5cm
  • 横幅59.8cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 世の光の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。