作品概要

青銅の時代》は、画家のピエトロ・ダ・コルトーナによって制作された作品。制作年は1641年から1641年で、ピッティ宮殿に所蔵されている。

詳細な画像を見る

この作品は、ピッティ宮殿にあるストーブの間(スタンザ・デラ・スツファ)に他の作品と一緒に描かれている。ローマの将軍は、戦闘で勇気を表した兵士達に褒美を与えている。前景には、鎖で繋がれた囚人の一団が、戦利品の山の隣に座り込んでいる。ローマの詩人オヴィッドによると、《青銅の時代》の人々は、野生で闘争的であったかもしれないが、残酷でも不道徳でも無かったと言われている。

ピッティ宮殿

ピッティ宮殿内には重要な美術館がいくつかあり、銀行家ルカ・ピッティの邸宅として15世紀後半にルネサンス最初の建築家であるフィリッポ・ブルネレスキが始めたプロジェクトであったが、1472年にピッティが死去した時点ではまだ未完成であった。

その後この建物は、メディチ家の初代トスカーナ大公コジモ1世の妻である、エレオノーラ・ディ・トレドが1550年に購入したため、メディチ家の邸宅となった。1560年には建築家バルトロメオ・アンマナーティが、17世紀初めには建築家ジュリオとアルフォンソ・パリージが増築、改装を行った。

後にはパオレッティとポッチャンティという2人の建築家がファサードに修飾を行い、側方に突出するパビリオン以外は、ロレーヌ家の時代である19世紀前半に完成した。彼らはメリディアーナ小宮も建てて、宮殿の後部から庭を見下ろすことができる。

内装のほとんどが、ジョヴァンニ・ダ・サン・ジョバンニ、ピエトロ・ダ・コルトーナ、ヴォルテラノ、アントニオ・ドメニコ・ガッビアーニ、セバスティアーノ・リッチによって手掛けられ、17世紀の間も行われた。

ストーブの間

ピッティ宮殿のメインフロアにあるストーブの間は、壮大な公爵の私室の一つの小さな部屋であった。その部屋はあたたかい床が設備されていたため、その名前となった(「スツファ」がヒーターを意味する)。コルトーナはこの部屋の北の壁にすでに2作品を描いており、《青銅の時代》と《鉄の時代》は、1641年になって製作された。

本作品の概念は、「メタモルフォーゼス(変身物語)」というオヴィッドの作品を元にしている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエトロ・ダ・コルトーナ
  • 作品名青銅の時代
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1641年 - 1641年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ピッティ宮殿 (イタリア)
  • 種類フレスコ画
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 青銅の時代の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。