作品概要

神の摂理の勝利》は、画家のピエトロ・ダ・コルトーナによって制作された作品。制作年は1633?年から1639?年で、パラッツォ・バルベリーニ(現国立古典絵画館)に所蔵されている。

詳細な画像を見る

バロック絵画の転機

フレスコ画群はローマのコルタナに多くあったが、システィーナ礼拝堂の天井画やカラフスのファルネーゼ宮殿の≪神々の愛≫に見られるように、ほとんどの作品が建物内部をキャンバスに模し、枠組みのあるエピソードを表してあった。

1633年にウルバヌス8世 (ローマ教皇、マッフェオ・バルベリーニ) は、コルトーナよりバルベリーニ邸宅の天井に大きなフレスコ画を描くよう委任され、そのサロンを甥であるピエトロ・ダ・コルトーナが制作した作成、それがパラッツォ・バルベリーニ(バルベリーニ宮殿)の≪神の摂理の勝利≫である。

6年後に完成した巨大な本作品は、ローマの宮殿建築とその装飾の新しい基準を打ち立て、この時代の重要な作品であるとともに、バロック絵画の転機となった。懐疑はあるものの、この計画のものと推定されるスケッチがホール内に展示されている。

≪神の摂理の勝利≫は、一見して天井の中央が空に向かって開かれており、数十の至る所にある物体が 部屋に入ってきたり、部屋の上に浮かんでいたりするような錯覚を起こすものである。さらに無限の紋章とサブテーマが含まれている。

アンニーバレ・カラッチによるファルネーゼ宮殿のフレスコ画の整然とした明快さと比較し、本作品はかき乱れたような構成で、渦巻く動きに満ちている。すべてが混合され活力のあるダイナミズムを強調している。大きく飛ぶような雲と見上げるような視点は恐らくアントニオ・アッレグリ・ダ・コレッジョの作品に触発されたのであろう。

しかしながら全く新しい要素として、ピエトロ・ダ・コルトーナの強い願望は、フレスコ画を総合芸術へと進化させることにあった。具体的には、観衆が作品を見たときに空間の感覚を失い、霊的で審美的なエクスタシーに巻き込まれることを意図して制作した。バロック絵画のもう一つの特徴は、異なる主題を混ぜるという、巧妙な方法をとっているということだ。

本作品に描かれているシーンは、正式な宗教的テーマで、バルベリーニ王朝の成功が、王朝の紋章である飛行する蜂たちが全体を支配するように描かれていることから見ることができるように、神の摂理の勝利をとほぼ同じくらい明らかである。

中央部分

このフレスコ天井画の中央部分では、美徳に囲まれた神の摂理が、その下には運命と時の神クロノスがいる。摂理の上には星の王冠をもつ不死がいる。正義、希望、愛の3つの聖書に基づく美徳は、神と人々のつながりであるレリギオより鍵を、ローマより教皇のティアラを授けられ、バルベリーニ家紋章の蜂の周りで月桂冠を形づくっている。

中央部分以外の詳細

天井の長辺には、教皇の政治的、精神的な権限について描かれている。一辺には人間の知恵が、貞操、慈愛、そして神の愛に助けられ、地球の愛を手に入れている様子、他方には慎重さと栄光に挟まれた教皇の権威、火の神ウゥルカーヌスと卓越した鍛冶技術を持つ単眼の巨人キュクロープスが描かれている。

短辺には、ローマ教皇のルールによる恩恵と厳しさを表している。一辺には、知恵の女神ミネルヴァと巨人の戦い、他方にはヘラクレスを半人半鳥の魔物ハーピィを征服した美徳のヒーローとして描かれている。

四隅には、単色画で八角形いの古典的な「模範的な美徳」が描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエトロ・ダ・コルトーナ
  • 作品名神の摂理の勝利
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1633?年 - 1639?年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵パラッツォ・バルベリーニ(現国立古典絵画館) (イタリア)
  • 種類フレスコ画
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 神の摂理の勝利の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。