作品概要

湖とボートマンの風景》は、画家のジャン=バティスト・カミーユ・コローによって制作された作品。制作年は1839年から1839年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《湖とボートマンの風景》は、フランスの画家ジャン=バティスト・カミーユ・コローにより1839年に制作された油彩画である。アメリカ・ロサンゼルスにあるJ・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

イタリアの風景

コローは、1820年代、1834年、1843年と、生涯で三度イタリアを訪れている。イタリアは、コローがフランスのアカデミーの束縛から解放され、さらに才能を成熟させた場所であった。コローはイタリアの太陽で輝く風景の中に、自身の理想を見出し、多くの風景画を描いた。

関連作品

イタリア旅行中に描かれた思い出やスケッチからなるこの風景画は、おそらく《イタリア風景、日の出》の対画であろう。1984年にJ・ポール・ゲティ美術館に所蔵されるまで、これらの二作品は紛失されたものだと数十年に渡り考えられていた。
時間によって異なる表情を見せるイタリアの風景を描いたこれらの作品は、コローと同国の17世紀の画家、クロード・ロランの作品を手本としている。

図像解説

長い一日を終え、独り暮らしの漕ぎ手は、ボートを漕いで穏やかな水面の浅瀬を渡る。太陽がゆっくりと沈むとともに、淡黄色、薄紫、青緑、薔薇色といった多くの色が空を満たす。木々を照らす光は、枝葉を水面に映るのと同じオレンジ色に変えてゆく。

劇的に彩られた逆光とその中にいる小さな男は、当時のロマン主義の批評家の心に訴えたであろう、メランコリックな憧れの感覚を創り出している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
  • 作品名湖とボートマンの風景
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1839年 - 1839年
  • 製作国フランス
  • 所蔵J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ62.5cm
  • 横幅102.9cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 湖とボートマンの風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。