作品概要

》は、画家のピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌによって制作された作品。制作年は1883年から1883年で、ウォルターズ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

興味深い主題

シャヴァンヌ作の《夢》は、1883年の完成当時、サロンで本作品が公開された際、そのカタログには「夢!夢の中で愛、栄光そして富が彼に現れる」と力強いメッセージを込めた作品の主題が記されていた。

旅人の心に秘めたもの

絵画の中に描かれている若い男性は、たくさんの夢を心に秘めている旅人であった。澄んだ月が照る美しい夜に、その男性が木のそばでずっと眠っている。

そのとき、彼の夢の中で3人の若い女性が星空を抜けて飛んできた。空を飛んでいる1人目の女性は、手にはバラを持っており、愛を示している。2人目の女性は、名誉を表す月桂樹の花輪を得意そうに振りかざし、そして3人目の女性は、幸運のコインをまき散らす様子が伺える。その景観は、大きな経済を動かす人物を暗に示して描いたと言われている。

大胆かつ装飾的な構成

本絵画の中に見られるそれぞれの絵の形状は非常に単純化されており、広範囲を少数の色のみを使って塗るなど、全体として平坦な印象を与えている。シャヴァンヌは、三日月だけで照らされた夜空を、控えめの色を少数使用して描いた。

このように、大胆かつ装飾的である構成を感受性の強いメッセージを用いて表現しているが、その手法こそ後に彼の名が広く知られるようになった所以である。

シャヴァンヌの大いなる称賛者であったフランス人画家・コレクターのエティエンヌ・モロ・ネラトンは、1899年に本作品を購入した。そして1906年、ネラトンは寛大にも国立美術館に本絵画を寄付することとなった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ
  • 作品名
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1883年 - 1883年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ウォルターズ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ82cm
  • 横幅102cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 夢の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。