作品概要

森の中の若い女》は、画家のジャン=バティスト・カミーユ・コローによって制作された作品。制作年は1865年から1865年で、ブリヂストン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

恵まれた環境

ジャン=バティスト・カミーユ・コローは、パリで生まれた。父親は織物問屋、母親は有名な婦人帽子屋を経営するという、裕福な家庭で育った。コローの関心は、父の仕事を継ぐために働いている間、常に絵画に関わっていた。1822年、コローが26歳のときに、両親はコローの画家になりたいという願いを受け入れ、残りの人生をの生計を立てられる年金を約束した。これによりコローは日々の生活を心配することなく、絵画制作に専念できるようになった。

肖像画家としてのコロー

カミーユ・コローは風景画家として有名である。しかし、彼は人生の最後の20年間で、多くの肖像画もまた制作した。《真珠の女》(1868-1870、ルーヴル美術館)などは、モデルを細かく観察して表現した、非常に正確な描写が見られる良い例である。

60歳になった後は想像力から形作られた主題で制作を始めた。想像上の女性は、さまざまな地の民俗衣装を着て、コローのキャンバスに登場した。

イタリアの思い出

この穏やかな笑顔の若い女性は、森の中にいるように描かれているが、実際にはイタリアの農婦の衣装を着用したプロのモデルを使い、コローのアトリエで描かれた。

コローは、その生涯でイタリアに三度旅行している。コローは、イタリアでの最初の滞在中に描いた若いイタリア人の女性の作品のイメージを発展させて、この作品を描いた。私たちはこの作品の中に、コローがイタリアで過ごした若い時代や詩的な世界の思い出を垣間見ることができる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
  • 作品名森の中の若い女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1865年 - 1865年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ブリヂストン美術館 (日本)
  • 種類油彩、板
  • 高さ54.7cm
  • 横幅38.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 森の中の若い女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。