作品概要

貧しき漁夫》は、画家のピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌによって制作された作品。制作年は1881年から1881年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《貧しき漁夫》は、フランス人画家のピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌによって制作された絵画であり、初めて国によって購入された作品でもある。

サロンでの反響

本絵画は1881年のサロンで大きな反響を呼び起こし、画家たちの間で一旦注目を集めていた。しかし、1887年、絵画のディーラーであったデュランド・ルエルによって再び公開されるまで、購入されることがなかった。

当時の慣習との違いから、非現実的ともいえる大胆なテーマを扱った絵画であったため、国立美術館で展示されるまでに6年という長い歳月がかかった。

聖書との共鳴

文字による説明に頼ることなく、シャヴァンヌは荒涼とした風景に寂しげな寡婦の家庭と2人の子供たちを描き、意図的に彼らの侘しさや諦めの気持ちを表現しようとした。絵画に漁師を描くという選択には、明らかに聖書と共鳴する点がある。

1881年、シャヴァンヌに対する批評家たちの大部分が、絵画にはモデルを使わず伝統的な視点が欠落している点、そして緑がかった色彩を多用しているといった本絵画の人為的である性質について取り上げている。

多くの画家を魅了したスタイル

同時期、フランスの小説家として活躍したジョリス・カルル・ユイスマンスは、本絵画を過去のミサ典書や、鈍く平坦なフレスコ画の絵画と比較した。

一方、同じフランスで活躍した画家のパブロ・ピカソはもちろんのこと、ジョルジュ・スーラからポール・ゴーギャン、モーリス・ドニなどの若い世代の芸術家たちも、この静けさがある風景に、裸足が極端でシャープに描かれていることに魅了されたのだった。

以後、シャヴァンヌは新しい絵画スタイルの主役となった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ
  • 作品名貧しき漁夫
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1881年 - 1881年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ155.5cm
  • 横幅192.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 貧しき漁夫の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。