作品概要

浜辺の少女》は、画家のピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌによって制作された作品。制作年は1887年から1887年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《浜辺の少女》は、1887年にフランス人画家ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌによって制作された代表的な作品であり、その独創的とも言える作風から多くの反響を呼んだ。

国を代表する巨匠

シャヴァンヌは、ヨーロッパでは19世紀後半の最も著名な画家の一人である。国を代表する巨匠としても高く評価され、大規模な壁画を残す一方、肖像画も手がけた。古典文学や神話に関する絵画に多数取り組み、作品は静けさと詩的かつ幻想的な雰囲気に満ちている。

独特な構図や形態を用い、記念碑のように壮大で存在感のある絵画を描いたことで、アメリカでも同様に知名度が高い。

自然との調和

ギュスターヴ・クールベやエドゥアール・マネなどとほぼ同時代の画家だが、シャヴァンヌの作風は写実主義や印象派、アカデミズムとも一線を画し、当時のフランスにおいて位置付けが難しいとされた。

本絵画にも見られように、自然の風景と人物像を見事に調和さているその美しさと手法は、やはりどの学問主義にも印象派にも属していない。 構図の単純さ、シルエットの略図、使用している色が少数であること、安堵感の欠落している点、深さの欠如、表面の艶消しの具合、全般的に簡素であること、絵画の背後に表れている形態の、信じがたいテーマから呼び起こされた中立性、その全てが完全にシャヴァンヌの創意に富む詩的な想いを証明している。

この独創的な作風が深く時代を刻み、後に続くアンリ・マティスやパブロ・ピカソの若い世代の画家たちの心を動かし、大きな影響を与えた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ
  • 作品名浜辺の少女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1887年 - 1887年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ61cm
  • 横幅47cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 浜辺の少女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。