作品概要

手紙を書く貴婦人と召使》は、画家のヨハネス・フェルメールによって描かれた作品。制作年は1670年から1671年で、アイルランド国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『手紙を書く婦人と召使』は、ヨハネス・フェルメールが1670?1671に完成させ、アイルランド国立美術館に展示されている作品である。

その作品では中級階級の女性と、その女性が書く恋文を配達する家政婦に付き添われている姿が描かれている。その作品は、1660年代のフェルメールの静かで抑制的な作品と、1670年代の比較的冷たい印象を持つ作品との橋渡しをする作品だと考えられている。この絵は、部分的にヘラルト・テル・ボルフによって描かれた『手紙に封をする女性』により触発された絵画であると考えられている。

『手紙を書く婦人と召使』は、絵画の焦点をキャンバスの中心としない、ヨハネス・フェルメールの最初の試みである。さらに、物語性と動態が一つの人物に焦点が当てられていない、彼の3つめの作品である。この絵画に描かれた家政婦は中景に位置しており、恋文を書き終えるのを腕組みしながら待っている。彼女たちの座っている位置は、彼女たちがそれぞれの物語を持っていることを示している。

家政婦の腕組みから、外見上、家政婦が自己を抑制しているように思われるが、しかしながら恋文を書く女性と感情的、精神的に分離している。半分だけ見える窓ガラスを見つめる家政婦の眼差しは、彼女の内なる苛立ちと退屈さを示しているとされる。

しかし美術史家の中には、この家政婦の瞳が苛立ちと退屈を示すという考え方の絶対性について、異論を唱える人々もいる。この絵画からは、フェルメールの通常の絵画のモチーフとの共通点が見られる。

基本情報・編集情報

  • 画家ヨハネス・フェルメール
  • 作品名手紙を書く貴婦人と召使
  • 制作年1670年-1671年
  • 製作国オランダ
  • 所蔵アイルランド国立美術館 (アイルランド)
  • 種類カンヴァス、油彩
  • 高さ72.2cm
  • 横幅59.5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 手紙を書く貴婦人と召使の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。