作品概要

ヘクトールの死を嘆くアンドロマケ》は、画家のジャック=ルイ・ダヴィットによって制作された作品。制作年は1783年から1783年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ヘクトールの死を嘆くアンドロマケ》は、ジャック=ルイ・ダヴィッドにより1783年に制作された油彩画である。 ルーヴル美術館に所蔵されている。

革命の時代を生きた歴史画家

典型的な新古典主義の画家、ダヴィッドの記念碑的な作品は、おそらく伝統的歴史画の最後の勝利だったといえる。ファッショナブルなグレコ・ローマン様式を採用したダヴィッドは、こうした古風な主題を啓蒙主義哲学と混ぜ合わせ、道徳的な模範を作り出した。

彼は、当時の政治を反映した物語を劇的に描いた。ダヴィッドは当時の最高の画家として、ルイ16世の君主制、革命後の政府、およびナポレオン・ボナパルトに仕えた。これらの治世には根本的な違いがあったにも関わらず、である。ダヴィッドはまた、ドミニク・アングルやフランソワ・ジェラールといった弟子を抱えた重要なアトリエを運営した。

この作品でアカデミーに入会

この絵は、ホメロスの叙事詩「イーリアス」の一場面を描いている。トロイア王妃であるアンドロマケが、トロイア戦争にてアキレスに殺された夫ヘクトールの死を悼んでおり、彼女の息子、アステュアナクスにより慰められている。1783年8月23日に発表されたこの作品により、ダヴィッドは1784年に王立絵画アカデミーに入会する資格を得た。

幼時の父の死

未亡人と幼い子供という主題は、ダヴィッドの個人的な思い出を呼び起こした可能性がある。ダヴィッドが9歳のとき、父親は決闘により命を落としている。悲しむ母親を慰めようとしている父親のいないアステュアナクスは、ダヴィッド自身の父親が殺された年齢で描かれているように見える。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャック=ルイ・ダヴィット
  • 作品名ヘクトールの死を嘆くアンドロマケ
  • 英語名Andromache Mourning Hector
  • 分類絵画
  • 制作年1783年 - 1783年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ275cm
  • 横幅203cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヘクトールの死を嘆くアンドロマケの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。