作品概要

孤独》は、画家のジャン=バティスト・カミーユ・コローによって制作された作品。制作年は1866年から1866年で、ティッセン=ボルネミッサ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

バルビゾン派

バルビゾン派は、現代風景画の歴史において優れた役割を果たした。バルビゾン派とは、1830年代から40年代にかけて、自然の風景や牧歌的な田舎の風景の美しさを追い求め、フォンテーヌブローの森で活動した画家のグループのことである。彼らは最終的にバルビゾン村に定住した。バルビゾン村ではときどき、グループの主要画家であるカミーユ・コローも参加した。

コローと風景画

コローの作品は、もともとは神話の人物とともに描かれる場面に過ぎなかった風景画の本質を体現している。これらは、経済的および観光的に食い物にされた自然の代替イメージであった。

作品のインスピレーションは、17世紀のオランダの風景や、英国人画家ジョン・コンスタブルなどから生まれたが、その中でも特に、戸外で描くという制作方法の転換や空気の捉え方、消えゆく効果などは、コローに多大な影響を与えた。しかしコローは多くの場合、戸外ではスケッチのみを行い、アトリエで作品を完成させていた。

描写

明るい空と対照的になるような限られた種類の色、特に大地の緑、銀灰色、黄色とそのグラデーションなどを用いて、コローはロマンチックな雰囲気で自然を彩る、旋律的な調和を作り出した。

《孤独》では、コローは神話的装飾を一切使わずに描いている。体を横たえ、物思いにふけっている女性の姿は、孤独と切望の比類ない雰囲気を描いたこの物悲しい風景画に添えられるには、十分すぎるほどふさわしい存在である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
  • 作品名孤独
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1866年 - 1866年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ティッセン=ボルネミッサ美術館 (スペイン)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ95cm
  • 横幅130cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 孤独の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。