作品概要

マラーの死》は、画家のジャック=ルイ・ダヴィットによって制作された作品。制作年は1793年から1793年で、ベルギー王立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《マラーの死》はフランス革命を描いた重要で有名な絵画の一つである。ダヴィッドは当時すでにフランス内で著名な画家であり、ロベスピエールやマラーと並ぶジャコバン派の主要な党員でもあり、革命保安委員会の一員であった。

この絵画は当時称賛され、急進的な革命を進め恐怖政治を行っていたジャコバン派により、プロパガンダのため複数枚複製を依頼され、弟子によって作成された。ダヴィッドによるオリジナルはベルギー王立美術館に所蔵され、複製画の正確な枚数は不明だが数点現存し、フランスの美術館に所蔵されている。

主題の事件

1793年7月13日、フランスの政治家でジャコバン派の主要人物であるジャン=ポール・マラーは彼の家で、皮膚疾患の治療の為入浴中に、当時対立していたジロンド派(王党派)の若い女性党員であるシャルロット・コルデーによってナイフにより暗殺された。彼女は逃げなかった為すぐに逮捕され裁判にかけられ処刑された。

この絵画は事件の数か月後に、純粋で強硬な革命家であるマラーを称え描かれた為政治的な意味が強い絵画である。

構成

マラーは入浴中に仕事をしていたためペンと手紙を持ち、顔色はすでに透き通っているが、唇の上に軽い微笑みを浮かべ、湯船に浸かった状態である。彼は皮膚疾患の治療の為入浴していたが、絵画には疾患は描かれておらず、肉体を理想化し英雄的に描かれている。

ダヴィッドはカラヴァッジオの《キリストの埋葬》の構図、光の表現に影響を受けこの作品に表現されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャック=ルイ・ダヴィット
  • 作品名マラーの死
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1793年 - 1793年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ベルギー王立美術館 (ベルギー)
  • 種類油絵
  • 高さ165cm
  • 横幅128cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • マラーの死の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。