作品概要

フランス喜劇の恋》は、画家のジャン・アントワーヌ・ヴァトーによって制作された作品。制作年は1716?年から1716?年で、ベルリン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

アントワーヌ・ヴァトーによる本作品は、シャルル・ニコラス・コーチンにより1734年に銅版画として模写されている。銅版画は本作品と同じ《L’amour au Théâtre Français(フランス喜劇の恋)》と名付けている。

シャルル・ニコラス・コーチンはフランス人銅版画家、デザイナー、作家、そして芸術評論家である。同じ名前の父親と区別するため、シャルル・ニコラス・コーチン二世などと呼ばれている。

フランス喜劇

公園で人々の集団に囲まれている男女の羊飼いがフランス喜劇の中心となっている。石のベンチに寄りかかっているバッカスは猟師と乾杯しており、音楽家たちはダンスのために演奏している。

ヴァトーが特定の芝居を前提としているとは考えにくい。おそらく喜劇におけるさまざまな登場人物を描くことを目的としたのだろう。だからといってヴァトーが現実にいる人々を描かないわけではない。

ヴァトーは自身のパトロンたちがディテールを認識できるように描いていた。作品の右側にいる黒い服の男性は有名な俳優のポール・ポアソンと考えられる。

ヴァトー作品における演劇

ヴァトー作品において演劇は重要な要素である。ルーブル美術館に所蔵されている、ヴァトーの最も有名な肖像画である《ピエロ(旧称:ジル)》は演劇の登場人物の肖像である。舞台演劇と現実が不思議なことに混ぜ合わさっており、ヴァトーが作り出したジャンルである雅宴画でも舞台演劇と現実の入り混じった様子が描かれている。

本作品に対応する作品として《イタリア喜劇の恋》がある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・アントワーヌ・ヴァトー
  • 作品名フランス喜劇の恋
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1716?年 - 1716?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ベルリン美術館 (ドイツ)
  • 種類油絵
  • 高さ37cm
  • 横幅48cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • フランス喜劇の恋の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。