作品概要

ディアナとアクタイオン》は、画家のジャン=バティスト・カミーユ・コローによって制作された作品。制作年は1836年から1836年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ディアナとアクタイオン》は、フランスの画家ジャン=バティスト・カミーユ・コローにより1836年に制作された油彩画である。メトロポリタン美術館に所蔵されている。

主題

その堂々としたサイズから洗練された描写に至るまで、この作品はコローのすばらしい工夫を示している。風景は驚くほど自然に見えるが、念入りに、苦心して描き込まれている。

主題は、オウィディウスの「変身物語」に材を取った物語である。狩猟の女神ディアナ、水浴を楽しむニンフ、そしてうっかりディアナの裸体を見てしまう若い狩人、アクタイオンの運命を描いている。ディアナはのぞき見られたことを怒り、女神の裸を見たと言いふらせないよう、アクタイオンを鹿に変身させてしまう。

描写

豊かな自然を背景にして、人物たちは控えめに描かれている。中央ではアクタイオンを発見したディアナが彼を咎めるように指を指しており、その周囲のニンフも突然の出来事に驚き、あわてふためいているようである。アクタイオンは、左端に小さく描かれている。周囲の色と同化するような色調であり、ぱっと見ただけではすぐにそれと判別できない。鑑賞者の視線はディアナの白い腕をたどって彼に行き着くことになる。

描き方の異なる背景

前景に描かれた木々に見える絵の具の一般的な塗り方や色調のコントラストは、左側の背景――コローの後期スタイルの典型である、写生画風かつ銀色に輝く背景――とはっきりとした違いがある。

死の1年前に、コローは作品の新しい所有者へのサービスとして、この部分をもう一度描くよう依頼された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
  • 作品名ディアナとアクタイオン
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1836年 - 1836年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ156.5cm
  • 横幅112.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ディアナとアクタイオンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。