作品概要

若い見習い》は、画家のアメデオ・モディリアーニによって制作された作品。制作年は1918年から1919年で、オランジェリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《若い見習い》は、主にパリのモンパルナスで活躍したイタリア出身の画家、彫刻家アメデオ・モディリアーニの作品である(カンバス、油絵)。

セザンヌとゴーギャンからの影響

モディリアーニはポール・セザンヌの作品を崇拝しており、この肖像画はセザンヌによって描かれた肖像画のポーズを再現している。モディリアーニはここではモデルと環境の間にある関係性に焦点を当てている。この若い男は座り、物思いにふけり、手の上で頭を休めている。椅子と机はモデルの体と融合しているようであり、重苦しさを緩和している。

モディリアーニは画家であるだけでなく、彫刻家でもあった。膝の上で手を休めているポーズのようなはっきりとした形式からは、モディリアーニの彫刻作品を連想することができる。カンバス上の色の幅は、灰色と茶色の様々な影を伴っており、とても柔らかい。白いシャツの襟と青い目の力強さだけが波立つ要素である。薄く、若く、滑らかなモデルの顔は、ざらついた手とは対称をなしている。本作品では、モチーフの輪郭は曲線で描かれ、形式は平面化されている。これはポール・ゴーギャンの影響である。

南フランスでの療養

モディリアーニは健康を回復するため1918年と1918年に数ヶ月ほど南フランスのミディ地方で過ごした。旅費は画商のレオポルド・ズボロウスキーが支払った。この時期、モデルが同一人物かどうかは明らかでないが、モディリアーニは赤い頭の若い男達、農民たち、仕事の見習い達を描いた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アメデオ・モディリアーニ
  • 作品名若い見習い
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1918年 - 1919年
  • 製作国不明
  • 所蔵オランジェリー美術館 (フランス)
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ100cm
  • 横幅65cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 若い見習いの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。