作品概要

バテシバ》は、画家のフランツ・フォン・シュトゥックによって制作された作品。制作年は1912年から1912年で、アルゼンチン国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

多方面で活躍した画家

フランツ・フォン・シュトゥック(1863-1928)はドイツの画家、彫刻家、版画家、及び建築家である。彼はスイスの象徴主義の画家であるアルノルト・ベックリンに影響され、主に神話を絵画のテーマとして用いた。

この作品が公開された頃には、シュトゥックは既にミュンヘンの芸術界の中でも、特に名声のある画家として活躍していた。

女性のエロチシズムとその影を表現

1900年代前半からのシュトゥックの絵画は、不穏な影のあるエロチシズムをもつ、女性の裸体を表現することに集中している。1903年の《負傷したアマゾネス》や1906年の《サロメ》もその一例である。

1912年に描かれた本作の女性は、薄く淡い灰色で描かれており、女性の体のどこか影のある魅惑が強調されている。女性とは対照的に、背景の水面とさざ波は蛍光色に近い、明るい色で表現されている。

作品のテーマ

本作のテーマであるバテシバ(バト・シェバ)は、ヘブライ語聖書に登場するダビデ王の妻、そしてソロモン王の母である。

《サロメ》に登場する黒人の仕いのように、本作でも茶髪のメイドが水から上がるバテシバに仕えている。このメイドは絵画の最前面に位置しており、主人の体を覆い、乾かすための衣を持って待っている。

複数の神話の融合

背景にあるオレンジの夕焼けの空には、ローマ帝国時代に使われたチャリオットであるクワドリガと共に、三つ叉のほこを携えたポセイドンのシルエットが窺える。

シュトゥックはこの作品の中で、幾つかの神話を融合させている。旧約聖書の『サムエル記』に登場するバテシバと共に、異教の海の神であるポセイドンが、バテシバが水浴びをする水を司っている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フランツ・フォン・シュトゥック
  • 作品名バテシバ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1912年 - 1912年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵アルゼンチン国立美術館 (アルゼンチン)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ95cm
  • 横幅91cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • バテシバの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。