作品概要

黄色いセーターを着たジャンヌ・エビュテルヌ》は、画家のアメデオ・モディリアーニによって制作された作品。制作年は1919年から?で、ソロモン・R・グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《黄色いセーターを着たジャンヌ・エビュテルヌ》は、主にパリのモンパルナスで活躍したイタリア出身の画家、彫刻家アメデオ・モディリアーニの作品である(カンバス、油絵)。

モディリアーニスタイルの背景

モディリアーニが1906年にイタリアからフランスのパリに来た時、一流の前衛芸術家達は「原始的な」ものの形と構造を探求していた。同年に回顧的に展示されたポール・ゴーギャンの彫刻にインスパイアされ、コンスタンティン・ブランクーシ、アンドレ・ドラン、アンリ・マティス、パブロ・ピカソ等は古風な石と木の彫刻を制作し始めた。

モディリアーニが近しい友情を築いたブランクーシは、このイタリア人画家に強い影響を与えた。このことは、1909年から1915年にかけて、モディリアーニが偶像的な頭や女像柱を作成したことに明らかに現れている。

彫刻から肖像画へ

モディリアーニの彫刻への関心は肖像画やヌード画にも適用された。本作品においてモディリアーニは若いパートナーを生殖能力の神として描いている。

モディリアーニの様式に合わせた細長い顔と黒い目によって、彼女は神のように穏やかな表情をしている。画家が強調した臀部と太ももは繁殖を祈った古代彫刻に焦点を当てている。

本作品や他のヌード作品は、縦に伸びた楕円型の顔、奥ゆかしく控えめな鼻、ボタンのような口といった、簡略化された特徴を持っている。このことはモディリアーニがアフリカの仮面へ関心を持っていたことを示唆している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アメデオ・モディリアーニ
  • 作品名黄色いセーターを着たジャンヌ・エビュテルヌ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1919年 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵ソロモン・R・グッゲンハイム美術館 (アメリカ)
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ100cm
  • 横幅64cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 黄色いセーターを着たジャンヌ・エビュテルヌの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。