作品概要

洗濯女》は、画家のオノレ・ドーミエによって制作された作品。制作年は1863年から1863年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《洗濯女》は、風刺版画家であり油彩画家でもあるオノレ・ドーミエ(1808-1879)によって制作された油彩画である。ドーミエは、フランス第二帝政のもとで、都市に住む労働者の姿をしばしば描いた。石版画家として有名だが、油彩画家や彫刻家としてもたぐいまれな才能を発揮している。

制作背景

この絵が制作されたのは、ちょうど1850年代にミレーがバルビゾンに移住し、農民画を描いて、美術界に新鮮な風を吹き込んだ頃だった。この《洗濯女》も、都市に働く労働者の困窮した生活を同様の分析とともに描いている。

ブーシェ、フラゴナール、ユベール・ロベールも18世紀に陽気な洗濯女の姿を題材にしている。ドーミエの描く洗濯女は、苦しい仕事の繰り返しで辛い思いをしながら日々生活を送る人々を象徴的に表現している。

画題

サン=ルイ島に住んでいたドーミエは、セーヌ河での仕事から戻る洗濯女の様子を観察する機会に恵まれていた。

本作は、疲労困憊のていで、洗濯の山を抱えながら、石の階段を登る。だが、この女は、疲労感と同様に、力強さも感じさせる。母親からは、生活への疲労と、高すぎる階段をよじ登る子供を助ける優しさが描写されている。水掻きをしっかり握りしめた子供は、母親がこれから請け負った洗濯仕事へ向かうことをはっきりわかっているようにも見える。

関連作品

洗濯女をテーマにした作品は三点描いている。残り2点は、ニューヨークのメトロポリタン美術館と、オルブライト=ノックス美術館に所蔵されている。最初は、1861年のサロンに出品している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オノレ・ドーミエ
  • 作品名洗濯女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1863年 - 1863年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩
  • 高さ49cm
  • 横幅33.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 洗濯女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。