作品概要

ドン・キホーテと死せる騾馬》は、画家のオノレ・ドーミエによって制作された作品。制作年は1864年以降?年から1864年以降?年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ドン・キホーテと死せる騾馬》は、フランスの風刺版画家であり油彩画家でもあるオノレ・ドーミエ(1808-1879)によって制作された油彩画である。

物語の背景

ドーミエは、スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説『ドン・キホーテ』をテーマに魅了されると、数多くの作品を制作した。

『ドン・キホーテ』はスペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説である。物語の主人公であるドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャは、騎士道物語に強く影響を受けた。その結果、理想と現実の区別がつかなくなり、自ら騎士になりきって、世の中を正そうとした。

そして、ドン・キホーテは、農夫のサンチョ・パンサを従者に従え、トラブルだらけの陽気な旅に出ることにする。、一行が死んだ騾馬と遭遇したのは、シエラ・モレナ山脈にさしかかったときだった。

ドーミエの描くドン・キホーテ

ドーミエはセルバンテスが創作した物語の一節をもとに、騎士になりきったドン・キホーテが死んだ騾馬に関心を持つ姿を忠実に描いている。

物語では、まだ鞍が置かれ、馬勒(ばろく)をつけているものの、ドーミエの絵画では省略されている。ふたりの表情ははっきりと描かれておらず、しぐさからわかることも限られている。オオカミやカラスに体の半分を食い荒らされている。

本作は小さな画面だが、色彩と描写のテクニックでは、ドーミエの傑作の一つに数えあげられる。本作は1864年以降の作とされるが、それに続く同様のタイトルの作品がクレラー・ミュラー美術館に所蔵されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オノレ・ドーミエ
  • 作品名ドン・キホーテと死せる騾馬
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1864年以降?年 - 1864年以降?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ24.8cm
  • 横幅46cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ドン・キホーテと死せる騾馬の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。