作品概要

共和国》は、画家のオノレ・ドーミエによって制作された作品。制作年は1848年から1848年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《共和国》は、風刺版画家であり油彩画家でもあるオノレ・ドーミエ(1808-1879)によって制作された油彩画である。

新政府の樹立

1848年2月24日、ルイ・フィリップが王位を追われて、共和制政府が樹立された。新政体のはじまりである。さっそく政府はイメージの刷新に乗りだした。美術家たちに、3月14日に共和制の象徴になるような作品を描くよう命じた。

その結果、4月5日から8日のあいだエコール・デ・ボザールに下絵が展示された。700名を超える美術家がこの競技会に参加した。参加者には、ドーミエはもちろん、イポリット・フランドラン、ジャン=レオン・ジェロームの姿もあった。

当時、ドーミエは、1832年に創刊された諷刺新聞『シャリヴァリ』での風刺版画家としてしか知られていなかった。だが、この競技会に出品された《共和国》は物議を醸すほど話題に上り、ドーミエの名を一躍世に広めることとなった。

たくましい母親像にこめた願い

子どもたちを抱く大柄の女性は、アンドレア・デル・サルトの《愛徳》に着想を得ていると考えられた。女の足元には、すわって膝にのせた本を読む子供が描かれている。子供たちに乳を与えるたくましい母親の手には、トリコロールの旗が握られ、頭にはフリジアンキャップ(古代ギリシア芸術に描かれている、柔らかい円錐形の三角頭巾)をのせている。

ドーミエは、共和制を、力強く、たくましく、豊饒な女性の姿に見立てた。《共和国》は最終候補まで残り、11位に輝いた。大作に引きのばすよう命じられたが、政治情勢が変わり、この《共和国》は下絵のままで拡大されることはなかった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オノレ・ドーミエ
  • 作品名共和国
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1848年 - 1848年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩
  • 高さ73cm
  • 横幅60cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 共和国の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。