作品概要

ジャンヌ・エビュテルヌの肖像》は、画家のアメデオ・モディリアーニによって制作された作品。制作年は1919年から?で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ジャンヌ・エビュテルヌの肖像》は、主にパリのモンパルナスで活躍したイタリア出身の画家、彫刻家アメデオ・モディリアーニの作品である(カンバス、油絵)。

モディリアーニが最も数多く描いた女性

本作品はジャンヌ・エビュテルヌを描いた一連の作品の中の一枚である。モディリアーニの肖像画は、彼女をモデルにしたものが最も数多く描かれている。ジャンヌはアメデオの内縁の妻で、彼女自身も画家だった。

作家のシャルル・アルベール・サングリヤは彼女のことを「優しく、シャイで、静かで、繊細」と、適切に表現した。この表現は本作品のモデルにその通りに当てはまる。本作品はジャンヌを若く美しい女性として描いていて、彼女の表情は落ち着いており、感じがよく、暖かみがある。

彼女の表情の表現は「優しく、シャイで、静かで、繊細」という描写をそのまま反映している。ジャンヌの繊細さはスリムな姿によってさらに強調されている。彼女もモディリアーニ作品に特徴的なアーモンド型の目、伸びた首と頭を用いて描かれているが、疑う余地のない彼女の美しさは全く損なわれていない。

悲劇の後も生き続けるジャンヌ

アメデオとジャンヌの2人の愛の背後には悲劇が存在している。残念ながら彼は1920年に結核で死亡し、そのことにショックを受けた彼女は翌日にテラスから飛び降りて自殺した。

しかし、ジャンヌの美しさと人間性は、本作品やモディリアーニがジャンヌを描いた他の肖像画の中で、今も生きている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アメデオ・モディリアーニ
  • 作品名ジャンヌ・エビュテルヌの肖像
  • 制作年1919年-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵個人
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ92cm
  • 横幅60cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ジャンヌ・エビュテルヌの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。