作品概要

フアン・グリスの肖像》は、画家のアメデオ・モディリアーニによって制作された作品。制作年は1915年から?で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《フアン・グリスの肖像》は、主にパリのモンパルナスで活躍したイタリア出身の画家、彫刻家アメデオ・モディリアーニの作品である(カンバス、油絵)。

第一次世界大戦中に描かれた絵

モディリアーニはまるで首とつながっていないかのように頭を曲げて描いており、それはこの男が人生を必死で踏ん張っている様を描いている。本作品は当時の人々を絶望させていた第一次世界大戦にインスパイアされている。画家はまた、当時の人々が経験していた絶望を表現するために背景の色を暗くしている。長い円筒形の首は、この男が困難に直面していることを描写している。

作品のテーマが観る者に明確に伝わる方法で、モディリアーニは自身の芸術的技術を用い、モデルの全ての特徴を作品に詰め込んだ。彼はまた明るい色と暗い色を両方用いて作品をさらに上質なものにしている。画家が使った黑、茶、白の色は作品に豊かな質感を与えている。首と顔は茶色で描かれている一方で、髪と肩は黒色で描かれている。

キュビズム的な作品

顔の繊細な各組織を分けて描いたキュビズム由来の形式は、本作品が著名なキュビストによって描かれていることを観る者に示している。モデルの頭と円筒形の首は、モディリアーニお気に入りのアフリカ彫刻のようである。その鼻もまたアフリカの仮面のような描写である。モディリアーニは本作品を描くにあたりヨーロッパとアフリカの文化的側面を利用した。

モディリアーニは構図を考える時、他のキュビストよりも計算をしっかり行った。全ての要素は古典的な精確性を伴って配置された。形、線、色調、模様は高い技術を持って精密に、連動的に組み合わされ、不必要な装飾を全く見られない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アメデオ・モディリアーニ
  • 作品名フアン・グリスの肖像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1915年 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ54cm
  • 横幅38cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • フアン・グリスの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。