作品概要

ルニア・チェホフスカの肖像》は、画家のアメデオ・モディリアーニによって制作された作品。制作年は1919年から?で、パリ市立近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ルニア・チェホフスカの肖像》は、主にパリのモンパルナスで活躍したイタリア出身の画家、彫刻家アメデオ・モディリアーニの作品である(カンバス、油絵)。

ルニア・チェホフスカとは?

ルニア・チェホフスカはポーランド出身の女性で、彼女とその夫はモディリアーニの画商レオポルト・スボロウスキーの友人だった。そのことがきっかけとなり、モディリアーニは彼女の肖像画を何度も描くことになった。

モディリアーニが描いた女性の肖像画の中では、ジャンヌ・エビュテルヌのそれに次いで、ルニアのそれは二番目に作品数が多い。

モディリアーニの特徴

モディリアーニは必ずしもいつも理解されるわけではないが、多くの人は彼を20世紀で最も有名な芸術家の1人だと考えている。肖像画、性的なヌード、女像柱、原始的な彫刻など、彼の多くの作品群は数十年に渡って研究され、高く評価されている。

当時の彼は、比較的に彫刻よりも肖像画に取り組み、そのほとんどは女性のヌードだった。確かな類似性も存在しているが、それぞれの女性は彼女自身の特徴から個々に見分けることができる。

モディリアーニの肖像画に見られる典型的な類似性は、丸というより卵型の頭、古い彫像が持つ空白の目に似せた細い目、アフリカの彫像を想起させる長く伸びて広がった鼻である。

モディリアーニは酒、薬物、セックスに不案内ではなかった。彼が作品を創ったように、彼の闇を掘っても永遠に終わりは来ないだろう。数日間モディリアーニを見かけないことに気が付いた時、隣人は彼と妻がいるかを確認しに行った。するとそこには錯乱状態の夫に抱かれた身重の妻がいた。医者が呼ばれたが、できることは何もなかった。モディリアーニは1920年1月24日、35歳でこの世を去った。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アメデオ・モディリアーニ
  • 作品名ルニア・チェホフスカの肖像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1919年 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵パリ市立近代美術館 (フランス)
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ100cm
  • 横幅65cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ルニア・チェホフスカの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。