作品概要

希望》は、画家のピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌによって制作された作品。制作年は1871年から1872年で、ウォルターズ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《希望》は、フランスを代表する巨匠として高く評価された画家ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌによって1872年に制作された象徴的な作品である。

フランコ・プルシアン戦争からの影響

シャヴァンヌは1870年~1871年にかけての壊滅的なフランコ・プルシアン戦争の影響を強く受けて、戦争や紛争に関連した作品を他にも残したことで知られる。1872年のサロンで、ボルティモアにあるウォルターズ・アート・ギャラリーで本作品を展示した。

なお、パリのオルセー美術館には、1871年から1872年の間に描かれたとされる裸の女性の版が所蔵されている。

復興の兆し

白い服を着て墓地に座っている女性が、希望の象徴として描かれている。彼女の後ろには、建物の荒廃した荒涼とした風景や、急造されたであろう墓地にあるその場しのぎで作られた十字架が戦争を思い起こさせる。

しかし、絵の中では新しい時代や約束に満ちた要素を見ることができる。女性の手のオリーブの枝は平和の復活を象徴し、丘の後ろから差す光が新しい日の始まりを示唆している。墓場の小石の間に生えている花もこの新しい時代の訪れに目を向けているかのようだ。歴史的な詳細がわかっていないため、絵画は普遍的な象徴的価値をもっている。

制作の作業が単純化された構成、艶消し色の使用していること、およびモデルがいないという点は、シャヴァンヌの作品の特徴である。シャヴァンヌの偉大な称賛者であったポールゴーギャンはタヒチで本絵画を再現した。ゴーギャンは1901年「希望を持った静かな人生」として描いた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ
  • 作品名希望
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1871年 - 1872年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ウォルターズ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ102.5cm
  • 横幅129.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 希望の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。