作品概要

青い服の少女》は、画家のアメデオ・モディリアーニによって制作された作品。制作年は1918年から?で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《青い服の少女》は、主にパリのモンパルナスで活躍したイタリア出身の画家、彫刻家アメデオ・モディリアーニの作品である(カンバス、油絵)。

子供を描いた珍しい絵

ヌードの女性を描いたモディリアーニの多くの作品とは異なり、本作品は幼年期の純粋さを表現しているように見える。少女の表情を分析することは困難だが、いくらか憂鬱に見える。しかし、決して非友好的というわけでもない。

少女はスマートに着飾り、裕福な外見をしている。彼女は部屋の隅にいて、影は片方の壁に写っている。青いドレスは白い襟と黒い靴下と組み合わされている。

本作品は子供の肖像画だが、制作の同年に生まれた初めての娘によって、モディリアーニが感情的に影響を受けていたかどうかを考えることは興味深いことである。

表現主義との距離感

モディリアーニは表現主義の運動に関わっていたが、表現主義のルールに従っていたわけではなかった。一般的な構図は表現主義者のもので、そこにモディリアーニ自身の想像力から来るインスピレーションを加えている。少女の頭の形はアールヌーボーを彷彿させる。

本作品にはモディリアーニ独特の特徴である、アーモンド型の目と引き伸ばされた頭があり、そのことが子供の顔に陰気な表情を加えている。これは表現主義による典型的な手法であり、ただ写真のような絵を描くのではなく、モデルに対する画家の解釈を絵の中で表現している。

モディリアーニは当時もリスペクトされていたが、本当の名声は彼の死後にやって来た。《青い服の少女》は彼の能力をよく表しており、この肖像画には生命と若者の純潔が埋め込まれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アメデオ・モディリアーニ
  • 作品名青い服の少女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1918年 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵個人
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ73cm
  • 横幅116cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 青い服の少女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。