作品概要

メデューサ》は、画家のジャン・ロレンツォ・ベルニーニによって制作された作品。制作年は1630年から1640年で、カピトリーノ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《メデューサ》は、バロック期におけるイタリアの彫刻家ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(1598-1680)によって制作された彫刻作品である。

神話のモチーフ

《メデューサ》は、古代のギリシャ神話に出てくる怪物をモチーフにした大理石彫刻である。正確な制作年は不明だが、1640年代に作られた可能性が高いとされている。現在はローマのカピトリーノ美術館のコレクションの一つとなっている。

メデューサはヘビの髪の毛を持つ女性の怪人で、見た者を石に変える呪いを持っている。ベンヴェヌート・チェリーニのペルセウスとメデューサの像ような他の彫刻家による描写とは異なり、ベルニーニのメデューサは頭が体から切断された姿ではなく、生きた怪物の肖像として描かれている。

特異点

この像の制作過程については何も知られておらず、また彫刻の一部はベルニーニの特徴的な様式と異なる部分がある。この彫刻で最も注目すべき点は、重厚で誇張された眉と蛇の荒々しい描写である。しかし、頬と唇の官能的な肉質、苦悩の表情、そして全体に見られる文学的概念は、ベルニーニの作品の中でも特異的な点とされる。

解釈

《メドゥーサ》は2011年5月にモスクワのプーシキン美術館で公開された。また、2012年2月19日までカリフォルニア宮殿で展示された。この展覧会は、2011年から2013年にかけての、米国のローマの芸術傑作を展示する「ローマの夢」のプログラムの一部であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ
  • 作品名メデューサ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1630年 - 1640年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵カピトリーノ美術館 (イタリア)
  • 種類大理石彫刻
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • メデューサの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。