作品概要

フォンテーヌブローの森》は、画家のジャン=バティスト・カミーユ・コローによって描かれた作品。制作年は1834年から1834年で、ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《フォンテーヌブローの森》は、フランスの画家ジャン=バティスト・カミーユ・コローにより1834年に制作された油彩画である。ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

コローは、同タイトルの作品を1846年にも描いている(ボストン美術館蔵)。

風景画家コロー

印象派の技法は、自然をより正確に表現する方法として開発された、主に風景画の技術であった。風景画の学術的伝統が再び注目を浴びた1820年代後半に絵画制作を開始したコローは、風景画というジャンルにおいて最も影響力のある画家の一人であった。

歴史的風景画

《フォンテーヌブローの森》は、1834年のサロンに出展された歴史的な風景画である。これは、歴史画の主題を組み合わせることで風景画の地位を高めるために考案されたものである。コローの主な主題は風景であったが、同時代の人々は、前景にいる女性をマグダラのマリアだと認識した。彼女の長い豊かな髪、背後にいる鹿、荒野での孤独は、マグダラのマリアの伝統的なアトリビュートである。

影響など

本作は、屋外で描かれたスケッチに基づき、アトリエで描かれた。この作品に見られる自然に対する謙虚な姿勢、控えめな構図、敏感な筆運び、潔癖な明快さと図像の新鮮さは、当時のアカデミーの定型的な風景画との明確な違いとなっている。

コローは第一回の印象派展に参加することを拒否したが、ピサロ、モリゾ、ルノワール、モネ、シスレーなどの作品には、彼の影響力が顕著であった。

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
  • 作品名フォンテーヌブローの森
  • 制作年1834年-1834年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ワシントン・ナショナル・ギャラリー (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ90.2cm
  • 横幅128.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • フォンテーヌブローの森の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。