作品概要

読書に疲れて》は、画家のジャン=バティスト・カミーユ・コローによって制作された作品。制作年は1870?年から1870?年で、シカゴ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《読書に疲れて》は、フランスの画家ジャン=バティスト・カミーユ・コローにより1870年頃に制作された油彩画である。シカゴ美術館に所蔵されている。

稀有な肖像画

《読書に疲れて》は、コローの後期作品の中でも最も魅力的なものの一つである。コローは、こうした肖像画をほとんど出品せず、その代わりに専門であった牧歌的な風景画を発表していた。

本作は、その私的な性質を強調するために、モデルはアトリエの中の保護的環境下に置かれて描かれた。作品の雰囲気は、内省的かつややメランコリックで、神秘的である。

描写

女性、本、テーブルだけで構成された単純な作品である。時間や場所に関しては何のヒントも与えられず、代わりに女性の顔や空気に惹かれる。彼女が何を考えているのかはわからなくとも、鑑賞者は魅了される。

読書をする女性という主題は、19世紀の芸術作品では一般的なものだが、コローは、読書をやめて目を上げるというポーズをモデルにとらせた。イタリアを愛したコローは、しばしばこの作品のように、イタリア風の衣装をモデルに着せて描いた。

コローが選んだ主題は伝統的だが、技術に関してはそうではない。直接的で大胆な筆使いで、互いに補い合う色調を探求した。この太い筆運びは、モデルの髪の毛のリボン、優美なイヤリング、スカートの深い折り目など、画家の喜びをともなう細部描写によって補完される。ここでコローは、彼の有名な風景画を特徴づける夢のような柔らかさや暖かみと、整った構成を生み出す深い感覚を両立させた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
  • 作品名読書に疲れて
  • 制作年1870?年-1870?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵シカゴ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ92.5cm
  • 横幅65.1cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 読書に疲れての感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。