作品概要

ヴィル=ダヴレー》は、画家のジャン=バティスト・カミーユ・コローによって制作された作品。制作年は1865年から1865年で、ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ヴィル=ダヴレー》は、フランスの画家ジャン=バティスト・カミーユ・コローにより1865年に描かれた油彩画である。 現在、ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

この作品は、コローがパリ近郊のヴィル=ダヴレーにある、両親から譲り受けた邸宅に住んでいた頃に描かれたものである。

描写

木の傍に立つ農婦や、静かな湖面と遠くにある田舎の屋敷など、ありふれた風景が描かれている。特に木は、コローが好んで描いたモチーフであるが、ここに描かれている木はおそらく柳である。コローは頻繁に柳を描いた。20世紀前半、ドイツの作家エーリヒ・マリア・レマルクは、マレーネ・ディートリッヒに「柳」というタイトルのコロー作品を贈っている。

コローは風景を描くことで、描かれた光や空気の平和的な静けさにより、鑑賞者自身が自然界に溶け込んでいるという恩恵を感じさせることができた。緑、銀、黄土色の明るい調和がこの作品をより柔らかくしている。

ヴィル=ダブレーの風景

コローは探求の人生の中、広い範囲を旅行した。中央フランスのたそがれ時の森、スイスの穏やかな湖、イタリアのまぶしい太陽など、コローの作品ではさまざまな場所の風景を見ることができる。しかし、この作品の風景を描くために遠くまで旅をする必要はなかった。洋服店の店主であったコローの両親は、パリ近くのヴィル=ダヴレーに邸宅を所有していた。コローはここヴィル=ダヴレーの湖のある風景を、繰り返し描いている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
  • 作品名ヴィル=ダヴレー
  • 分類絵画
  • 制作年1865年-1865年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ワシントン・ナショナル・ギャラリー (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ49.3cm
  • 横幅65.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヴィル=ダヴレーの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。