作品概要

教皇グレゴリー15世の胸像》は、画家のジャン・ロレンツォ・ベルニーニによって描かれた作品。制作年は1621年から1621年で、オンタリオ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《教皇グレゴリー15世の胸像》は、バロック期におけるイタリアの彫刻家ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(1598-1680)によって制作された彫刻作品である。

3つのバージョン

《教皇グレゴリー15世の胸像》は、ベルニーニが制作した大理石の肖像彫刻である。 1621年に制作されたこの作品は、ベルニーニが作った同じ胸像の3つうちの1つであり、残りの2つはブロンズ鋳造によって制作された。

この胸像はカナダのオンタリオ美術館で常設展示されている。

構成

ベルニーニは1621年2月、教皇グレゴリー15世の選挙の直後に大理石の胸像に取り組み始め、その年の9月に仕事を終えた。 2つのブロンズ鋳造のバージョンもこの間作られた。

ベルニーニは1618年に教皇ポール5世の胸像の制作時の形式を再利用することでこの胸像を作り上げた。その結果、2つの教皇の彫刻された胸像はお互いに類似点があり、両方とも、ベルニーニは三角のシルエットを意識している。

栄誉

ベルニーニは《教皇グレゴリー15世》の胸像を作成した努力をよく報われたという。 1621年6月30日、ベルニーニは22歳で、教皇の最高勲章であるローマ法王の騎士団を授与され、生涯の給与が授与された。その後、ベルニーニは一般に「騎士」と呼ばれるようになる。また、わずか3年間の所属でローマの聖ルカアカデミーの校長に選ばれた。

ボルゲーゼ邸で制作された偉大な神話の彫像と共に、ベルニーニのこれらの栄誉は、彼の初期の成功として記録されている。

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ
  • 作品名教皇グレゴリー15世の胸像
  • 制作年1621年-1621年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵オンタリオ美術館 (カナダ)
  • 種類大理石彫刻
  • 高さ64cm
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 教皇グレゴリー15世の胸像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。