作品概要

子供とジプシー女》は、画家のアメデオ・モディリアーニによって制作された作品。制作年は1919年から1919年で、ナショナル・ギャラリー(ワシントン)に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《子供とジプシー女》は、主にパリのモンパルナスで活躍したイタリア出身の画家、彫刻家アメデオ・モディリアーニの作品である(カンバス、油絵)。

表現主義とモディリアーニ

赤子を抱くジプシーの女性を描いた本作は、表現主義のスタイルに基づいた典型的なモディリアーニ作品である。本作品は、素人にとっては何の注目にも値しないように見えるが、玄人にとってはモディリアーニがその短いキャリアの中で築いた、象徴的なスタイルを持ったユニークな作品である。

表現主義は20世紀初頭のドイツとフランスで、印象主義が確立した美学思想を打ち壊すものとして誕生した。表現主義者達は自然を見たままに複製する基礎的なルールを拒絶し、内面にある感情を表現しようとした。彼らは対象を現実に忠実に描こうとはしなかった。その代わりに、形、線、色を誇張し、歪めることによって、画家の内面を表現した。

モディリアーニの肖像画

モディリアーニの作品のほとんどは肖像画であり、女性の裸体を自由に描いたことは革命的なことだった。モディリアーニは人物を、不釣り合いに長い首の上に、細長く、平らで、無表情な仮面を被っているように描いた。これはモディリアーニのシグネチャースタイルであり、ルーマニアの彫刻家コンスタンティン・ブランクーシやアフリカ芸術の影響を受けたものだった。

本作は死の前年に描かれており、モディリアーニがおそらくは20世紀の最も優れた肖像画家であった、という主張を支持する作品の一つである。本作は控えめな肖像画になっているが、モディリアーニはモデルの特徴となる精神をしっかりと捉えている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アメデオ・モディリアーニ
  • 作品名子供とジプシー女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1919年 - 1919年
  • 製作国不明
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー(ワシントン) (アメリカ)
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ116cm
  • 横幅73cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 子供とジプシー女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。