作品概要

アルル・デュ・ノールの風景》は、画家のジャン=バティスト・カミーユ・コローによって描かれた作品。制作年は1871年から1874年で、ロンドン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《アルル・デュ・ノールの風景》は、フランスの画家ジャン=バティスト・カミーユ・コローにより、1871年から1874年にかけて制作された油彩画である。

制作の背景

1871年にパリ・コミューン革命が起きた際、コローはパリを後にし、彼の伝記師であり友人のアルフレッド・ロボーとともに北東フランス、ノール県のドゥエーに滞在した。

コローはその景色に心酔した。彼は手紙に、ノール県アルル村の草地や平原の魅力について書いている。晩年のコローはフランス各地に旅行し、その風景を描き続けた。本作もその中で描かれた作品である。

この作品には2つのバージョンが存在する。ロボーの書によると、最初のものは1871年5月に描かれた。第二の作品は自然を見て描かれ、パリに戻ってからアトリエで完成させた。

描写

コローの後期作品の中では標準的であるボートと川は、背の高い木々による遠近法により特徴づけられている。後期作品の多くで描かれている霧のような効果とは対照的に、《アルル・デュ・ノールの風景》はしっかりと描かれており、コローの戸外の光の繊細な観察を画面に表している。

影響

コローの描く風景画は、銀色の靄に包まれたような独特の描き方をしたことで知られている。ありふれた景色を詩的に描き出すという手法、特に光の描き方という点で、コローは後の印象派をはじめ、19世紀後期の風景画家に大きな影響を与えた。

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
  • 作品名アルル・デュ・ノールの風景
  • 制作年1871年-1874年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ロンドン・ナショナル・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ48.2cm
  • 横幅58.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アルル・デュ・ノールの風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。