作品概要

モルトフォンテーヌの想い出》は、画家のジャン=バティスト・カミーユ・コローによって制作された作品。制作年は1864年から1864年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《モルトフォンテーヌの想い出》は、フランスの画家ジャン=バティスト・カミーユ・コローにより1864年に制作された油彩画である。女性と子供たちが木々に囲まれた湖畔で静かに楽しむ、静謐な場面を描いている。

描写技法

本作はコローの傑作の1つとして一般に認められているが、彼の後期作品の中では最も成功したものであり、より詩的な作品であると言える。作品は、現実の世界から引き寄せながら、理想化された場面を捉えている。コローの初期作品は写実的な傾向を示していたが、キャリアが進むにつれて、より多くのロマン主義要素を組み込み始めた。その作品はしばしば、写実主義と、進化する印象派運動の橋渡しとみなされている。

この作品は印象派に近く、細かいというよりも幅広い筆運びが用いられ、場面の中の光の動きに細心の注意を払うことで湖と風景を捉えている。しかしタッチは明確で、印象派の好んだ明るい色よりもより柔らかな色調で描かれている。はっきりとしない描写は、初期の風景写真のぼやけた細部を連想させる。コローは多数の写真コレクションを持っており、それを絵画の中に再現しようとした可能性がある。

「思い出」から生まれた作品

モルトフォンテーヌは、フランス北部のオワーズ県にある小さな村である。1850年代、コローは光と水の反射の効果を学ぶため、この地域を頻繁に訪れた。本作では、コローは実生活から場面を生み出すのではなく、画題が示すように、村の湖での光の動きや訪問時の思い出からこの絵画を描き出した。

コローは、同じ視点からこの湖と木々を描いた類似作品、《モルトフォンテーヌのボートマン》(1865〜70年)も制作した。《モルトフォンテーヌのボートマン》に描かれた風景の特徴は、本作のそれと比べ、実生活から捉えられた細部ではなく、一般化された印象の作品であることが示唆されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
  • 作品名モルトフォンテーヌの想い出
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1864年 - 1864年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ65.5cm
  • 横幅89cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • モルトフォンテーヌの想い出の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。