作品概要

ポール・ギヨームの肖像》は、画家のアメデオ・モディリアーニによって制作された作品。制作年は1915年から?で、オランジェリー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ポール・ギヨームの肖像》は、主にパリのモンパルナスで活躍したイタリア出身の画家、彫刻家アメデオ・モディリアーニの作品である(カンバス、油絵)。

来歴

1914年、モディリアーニはマックス・ジャコブを通じてポール・ギヨームと出会った。ポール・ギヨームはその時ちょうどアートディーラーを始めたところで、彼はモディリアーニにモンマルトルのスタジオを貸した。

1915年と1916年、モディリアーニは彼のパトロンの4つの肖像画を描いた。オランジェリー美術館にあるこの肖像画は、モディリアーニの愛人だったイギリスの詩人ベアトリス・ヘイスティングスのモンマルトルの自宅で描かれた。

ポール・ギヨームとは?

23歳のポール・ギヨームは自信に満ちている、エレガントな若い男性として描かれ、観る者を直視している。彼の姿は赤い背景から浮き出ており、黒いスーツと帽子は顔や白いシャツとコントラストをなしている。顔の平面的な表現と明確な特徴は観る者の目を引く一方で、左手は曖昧に描かれている。

この肖像画でモディリアーニは若いアートディーラーへの賛辞を表現した。ポール・ギヨームはすでに、1910年以降のモダンアートのパトロンかつビジョナリーサポーターとして、「新しい操舵手」と見なされていた。

左上には大胆にポール・ギヨームの名が、右上にはダビデの星が、左下には海の星の聖母を意味する「Novo Pilota」が、右下には控えめなモディリアーニの署名が書かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アメデオ・モディリアーニ
  • 作品名ポール・ギヨームの肖像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1915年 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵オランジェリー美術館 (フランス)
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ105cm
  • 横幅75cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ポール・ギヨームの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。