作品概要

冬、薪を運ぶ女》は、画家のジャン=フランソワ・ミレーによって制作された作品。制作年は1868年から1875年で、カーディフ国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

四季

この絵は、ミレーが晩年に描いた四季をテーマにした作品の一部である。1868年3月、ミレーと同じくバルビゾン派の画家テオドール・ルソーのパトロンであったフレデリック・アルトマンによって依頼され、制作された。ミレーは1875年に没するまで断続的に制作を続け、1873年5月に《春》を、1874年に《夏》と《秋》を完成させたが、《冬》は未完成のままである。

制作の軌跡

ミレーはこの四季の連作に、7年間を通じて取り組んだ。1873年2月18日、ミレーはアルトマンに、《》(オルセー美術館蔵)が5月に完成すると約束し、《麦穂の山:秋》についても順調であると報告した。 1874年3月18日、彼は批評家の友人アルフレッド・サンシエに、《蕎麦の収穫:夏》(ボストン美術館蔵)の最終段階にあると書いた。しかし、1874年7月9日にサンシエとアルトマンがミレーを訪問したとき、《麦穂の山:秋》はまだミレーと共にあり、同年の秋には工房にあったと言う。《冬》は、1875年1月20日にミレーが亡くなったとき、未完成のままであった。

本作がこの連作の《冬》であるかどうかは諸説あり、はっきりとはわかっていない。

図像解説

田園生活の苦難が主題の本作は、薪を集め、闇の中帰路に着く3人の女性を描いている。ミレーはこの題材に、数年間にわたって取り組んだ。

この作品は、もともと女性の肖像画が描かれていたキャンバスの上に描かれたもので、その名残が右側に部分的に見える。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=フランソワ・ミレー
  • 作品名冬、薪を運ぶ女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1868年 - 1875年
  • 製作国フランス
  • 所蔵カーディフ国立美術館 (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ82cm
  • 横幅100cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 冬、薪を運ぶ女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。