作品概要

》は、画家のジャン=フランソワ・ミレーによって制作された作品。制作年は1868年から1873年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

四季

この絵は、ミレーが晩年に描いた、四季をテーマにした作品の一部である。1868年3月、ミレーと同じくバルビゾン派の画家テオドール・ルソーのパトロンであったフレデリック・アルトマンによって依頼され、制作された。ミレーは1875年に没するまで断続的に制作を続け、1873年5月に《春》を、1874年に《夏》と《秋》を完成させたが、《冬》は未完成のままである。

図像解説

《春》は、1865年にミレーが描き始めたジャンルである風景画である。木の下に小さな農夫を描くことで人間の存在を弱め、叙情詩的でありロマンティックでもある人間と自然との対話や出会いの表現に重きを置き、描き出している。

道端にちらほらと見える小さな花のように、自然の風景は正確に観察されて描かれている。果樹が植えられ、道があり、塀が建てられる(未踏の自然界に対する保護が背景にある)など、自然界がここに息づいており、かつ大事にされている様子が描かれている。

ここにあるすべてのものは象徴的である。空を横切る嵐雲、暗い赤味を帯びた茶色の地面、裸の切られた木々の枝が過ぎ去った冬を示唆し、森林の新緑や花は春の訪れの兆しを表している。

他の画家との関連

「四季」は古典的なテーマであり、他にもニコラ・プッサンによって描かれているが、ミレーは落ち着いた表現力のあるタッチで自然を表現している。

主題の簡潔さと光の変化によって表現された感情は、友人ルソーやコンスタブル、ロイスダールの伝統的な風景画にミレーを結び付けたが、一方で驚くほど新鮮な色、瞬間を捕らえる方法を通して、当時フォンテーヌブローの森で時を過ごしており、まだ印象派とよばれる前のモネ、バジール、ルノワールらに近づいた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=フランソワ・ミレー
  • 作品名
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1868年 - 1873年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ86cm
  • 横幅111cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 春の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。