作品概要

グレヴィルの断崖》は、画家のジャン=フランソワ・ミレーによって制作された作品。制作年は1871年から1872年で、オルブライト=ノックス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《グレヴィルの断崖》は、フランスの画家ジャン=フランソワ・ミレーにより1871年から1872年にかけて描かれた絵画である。アメリカ・ニューヨーク州バッファローにあるオルブライト=ノックス美術館に所蔵されている。

この作品は、緑色を帯びた茶色い斜面と、曇り空の日光に照らされた岩場沿いに波が砕け散る、グレヴィルの崖から見た海の様子を描いている。

制作の背景

1870年のフランコ・プルシアン戦争の間、ミレーはフランス北部のシェルブールにある家族の農場へと帰った。彼の家族は、イギリス海峡の灰色の海を見下ろす小さな農場を所有していた。この間、ミレーはノルマンディー海岸の険しい美しさを描いた本作《グレヴィルの断崖》を含むいくつかの海景を描いた。田園の労働者に焦点を当てた他の多くの作品とは異なり、この作品は原風景を特徴としている。

技法

全体の描写は、横たわる緊張感を伝えている。波の絶え間ない前後の動きは、右下の前景から始まり、キャンバスの中央部の大部分にわたってうねる岩場の海岸線に激しく当たり、最終的には遠い地平線まで続いている。非対称の部分は完全にバランスが取れているので、無秩序には見えない。

この時点でのミレーの絵画的技法は、モネなどの印象派やゴッホの作品に見られるような、ゆったりとした動きの筆運びを特徴としている。画家は黒鉛とインクを使い、岩場の海岸線、岩石や崖の多様な影、水平線上の高所など、風景のさまざまな側面を引き立たせた。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ジャン=フランソワ・ミレーと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=フランソワ・ミレー
  • 作品名グレヴィルの断崖
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1871年 - 1872年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルブライト=ノックス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ93.34cm
  • 横幅116.52cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • グレヴィルの断崖の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。