作品概要

キューピッドからの贈り物を姉妹に見せるプシュケ》は、画家のジャン・オノレ・フラゴナールによって制作された作品。制作年は1753年から?で、ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《キューピッドからの贈り物を姉妹に見せるプシュケ》はキューピッドとプシュケの古典的な神話のエピソードを描いたもので、その物語は帝政ローマの弁論家アプレイウスの『黄金のろば』に由来する。

来歴

本作品はフラゴナールキャリア初期の作品で1753に制作された。この年は画家がローマ賞を受賞しる翌年であり、まだ最初のイタリア旅行に出発する前のことであった。この作品はすぐに成功を収め、他の作品とともに1754年にはベルサイユ宮殿に展示されたが、その後はシャルル=ヴァン・ルーの台頭よって評価を失って行った。

本作品においてフラゴナールは、自身が師事したブーシェによって確立された手法を、さらにエレガントなスタイルへと昇華した。細部の多くは1737年にブーシェが描いたスケッチに由来する。それらはブーシェがキューピッドとプシュケの物語を一連の作品としてタペストリー上に描くために描かれたものだった。

キューピッドとプシュケの物語

フラゴナールによるキューピッドとプシュケの物語は、おそらくラ・フォンテーヌ版の『ファーブル』に基づいている。プシュケと恋に落ちた後、キューピッドは夜にだけプシュケに会いに行き、キューピッドの顔を見ることを禁じた。

この絵の中で、プシュケは2人の姉妹に恋人キューピッドからの贈り物を見せる。嫉妬から(怒りは空に現れている)、2人の姉妹はキューピッドの素性を隠すようプシュケを説得し、彼女の幸せを打ち壊した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・オノレ・フラゴナール
  • 作品名キューピッドからの贈り物を姉妹に見せるプシュケ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1753年 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー (イギリス)
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ168cm
  • 横幅192cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • キューピッドからの贈り物を姉妹に見せるプシュケの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。