作品概要

ディドロの肖像》は、画家のジャン・オノレ・フラゴナールによって制作された作品。制作年は1769年から?で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ディドロの肖像》はフランスのロココ期の画家ジャン・オノレ・フラゴナールの作品である。

ドゥ二・ディドロとは?

本作品が描かれた時、ドゥ二・ディドロはパリで最も有名な哲学者、批評家、作家の一人であった。彼はまた、百科事典の編集者および出版者として、多くの記事、小説、芸術批評の筆者として、偉大なる名声を得ていた。彼の批評家としての能力は圧倒的な読書量によるものだった。

貴族的なロココ文化からブルジョワ的な倫理観の美徳まで、彼の著作や記事はアンシャン・レジーム(フランス革命前(1789年以前)の政治・社会体制)下におけるフランス芸術全体を網羅していた。

ディドロがインスピレーションを得た瞬間

フラゴナールの《ディドロの肖像》は、「幻想的な肖像画」と呼ばれる一連の作品群の一つで、このシリーズは特にインスピレーションを得た瞬間の人々を描写していったものだった。ディドロ自身は別の肖像画で優雅なアクションを求めたことがあった。

ディドロは自分自身を特徴づける着席した状態に適した動作を求めた。本作における究極の掟は真実と自然さを表現することだった。そしてディドロの動作と姿勢は自然な仕草で実行された。

ディドロにとっての理想は一人でいる時の孤独で、肖像画はそれを刺激するものでなければならない。孤独な天才がインスピレーションを得た状態を、フラゴナールは適切に描き切った。

フラゴナールにとって「幻想的な肖像画」は十分に慣れたジャンルであったが、画家は本作では衝動的なテクニックを用い文学的アイデアの熱意を演出した。それは着席者と鑑賞者の興味をつなぎ合わせるもので、ディドロの芸術論における中心的なコンセプトであった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・オノレ・フラゴナール
  • 作品名ディドロの肖像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1769年 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類カンバス、油彩
  • 高さ82cm
  • 横幅65cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ディドロの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。