作品概要

恋の成り行き:付け文(恋と友情)》は、画家のジャン・オノレ・フラゴナールによって制作された作品。制作年は1771年から1772年で、フリック・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《付け文(恋と友情)》はフランスのロココ期の画家ジャン・オノレ・フラゴナールが《恋の成り行き》というテーマで描いた、4作から成る連作の一つである(カンバス、油絵)。

来歴

1771年、フラゴナールは一連の連作を描く仕事を受注した。その依頼はフランス国王ルイ15世の美しき公妾デュ・バリュー夫人からで、その目的は2人の愛の巣、ルーヴシエンヌの館を装飾するためだった。フラゴナールに与えられたテーマは《恋の成り行き》で、画家は恋人達がよく使う様々な策略や戦略を描いた。

《付け文(恋と友情)》は連作《恋の成り行き》の中では第4作目に位置し、《逢い引き》、《追跡》、《愛の戴冠》とともにニューヨークのフリック・ミュージアムに展示されている。

連作《恋の成り行き》、完結

2人の若い男女が庭の中央に座り、柔らかくエレガントな服を着たまま寄り添い抱き合っている。男性の手が意味深な場所に置かれていることから、彼等の間にある性的な引力を想像することができる。彼の視線は情熱的に彼女に固定されている。

彼が書いた手紙の数々を彼女が次々と読んでいる時、彼はただ彼女だけを見つめているように見える。手紙は彼女の横に重なっていて、封をした時の赤いワックスは今でも残っている。彼等を囲む芝生の上には花が散らばっており、彼女の側には子犬も座っている。このような犬は絵画においては忠誠を表すので、私達はその通りに解釈することができる。

《付け文(恋と友情)》ではカップルがラブレターを再読することで彼等の求愛の思い出を回想し語り合っている。手紙は人々に愛の告白をすることを可能にし、それを忘れないように保管しておくことができるものである。友情の女神アミティエの像は、カップルの足元にいる犬とともに、物語の結論としての友情、愛情、貞節を表している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・オノレ・フラゴナール
  • 作品名恋の成り行き:付け文(恋と友情)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1771年 - 1772年
  • 製作国不明
  • 所蔵フリック・コレクション (アメリカ)
  • 種類不明
  • 高さ317cm
  • 横幅216cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 恋の成り行き:付け文(恋と友情)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。